合奏 (フェルメールの絵画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『合奏』
オランダ語: Het concert
英語: The Concert
Vermeer The concert.JPG
作者 ヨハネス・フェルメール
製作年 1664年頃
種類 油彩キャンバス
寸法 72.5 cm × 64.7 cm (28.5 in × 25.5 in)
所蔵 所在不明(1990年イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館より盗難)

合奏』(がっそう、: Het concert: The Concert)は、オランダ黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールが1664年頃に描いた絵画。

『合奏』には、座ってハープシコードを弾く若い女性、リュートを弾く男性、立って歌う女性の三人の人物が描かれている。ハープシコードは理想郷アルカディアの風景画で飾られている。画面左手前のテーブルの下には弦楽器が描かれ、音楽というこの作品の主題をより高める役割を果たしている。

背景の壁には2点の絵画がかけられている。右の絵画はフェルメールが『ヴァージナルの前に座る女』(1675年頃、ナショナル・ギャラリー(ロンドン)の背景にも描き入れている、ディルク・ファン・バビューレン作の娼館の情景を描いた『取り持ち女』で、これはフェルメールの義母マリア・ティンスが所有していた絵画だった[1](模写だという説もある)。左の絵画には田園の風景が描かれている。当時のオランダ絵画において音楽は性愛と関係付けられることがあり、背景に描かれた『取り持ち女』が性愛を象徴していると考えられている[1]

来歴と盗難[編集]

1669年アムステルダムで売りに出されたが、以降1780年までの所在は分かっていない[1]。その後、アメリカの慈善家で美術収集家のイザベラ・スチュワート・ガードナー英語版が、1892年パリで開催されたオークションで5,000ドルで落札、1903年に彼女がボストンに創設したイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館に展示した。しかし、1990年3月18日にボストン市警の警察官を装った強盗が美術館に押し入って警備員を拘束した上、本作の他、レンブラントの『ガラリアの海の嵐英語版』、『自画像』などの作品3点、ドガ素描5点、マネの『トルトニ亭にて』、他中国の銅器等の美術品を強奪した[2]。フェルメールの作品は1970年代以降たびたび盗難に遭ったが、本作のみ現在も共に盗難された他作品と共に行方不明のままとなっている[3]。『合奏』は盗難絵画としてはもっとも高額な作品とされ、その評価額は2億ドル超と見なされている[4]


出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c http://www.essentialvermeer.com/cat_about/concert.html
  2. ^ 1990 Boston art heist rattles investigators Archived 2014年9月25日, at the Wayback Machine. Cape Cod Times
  3. ^ http://www.gardnermuseum.org/collection/artwork/2nd_floor/dutch_room/the_concert
  4. ^ Stolen, a documentary about the theft of The Concert, from the PBS website.

関連項目[編集]