史跡新池ハニワ工場公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
史跡新池ハニワ工場公園
Shin-ike Haniwa Production Site-1.jpg
(手前から)1号・2号・3号埴輪窯
(1号・2号は復元)
分類 史跡公園
所在地
面積 4,163m2
開園 1995年(平成7年)3月
運営者 高槻市
駐車場 なし
公式サイト 史跡新池ハニワ工場公園

史跡新池ハニワ工場公園(しせきしんいけハニワこうばこうえん)は、大阪府高槻市にある史跡公園新池埴輪製作遺跡(国の史跡「今城塚古墳 附 新池埴輪製作遺跡」の一部)を保存する公園である。

概要[編集]

新池埴輪製作遺跡は、5 - 6世紀の遺跡で、埴輪窯18基と工房、工人集落からなる全国最大級の埴輪工場跡である。一帯は『日本書記』欽明天皇23年条にある「摂津国三嶋郡植廬(ハニイホ)新羅人之先祖也」と考えられている。今城塚古墳(高槻市郡家新町、6世紀前半)の埴輪は当工場で造られた[1]

遺跡域では1988年昭和63年)から調査がはじまり、1994年平成6年)に「ハニワ工場公園」として整備された。1991年(平成3年)7月20日、遺跡域が既指定の国の史跡「今城塚古墳」に追加指定され、史跡指定名称が「今城塚古墳 附 新池埴輪製作遺跡」に変更。

ハニワ工場の略年[編集]

  • 450年頃、太田茶臼山古墳の造営を目的として工場が開かれた。窯3基(A群)と工房3棟、住居7棟の規模。
  • 480年頃、窯5基(B群)と住居7棟を追加。番山古墳などのハニワを生産。
  • 530年頃、窯10基(C群)を追加。5棟の工房(住居兼用)。住居14棟。今城塚古墳向けのハニワを生産。
  • 550年頃、ハニワ作りを終える。

施設[編集]

ハニワ工場館(新池遺跡18号窯)
  • プロムナード
    • 動物、円筒、家形、武人埴輪などの複製品を20種類、21体設置。本物と同寸法。磁器製。素焼きの質感を模しており自由に触れる。[2]
    • ヨシトミヤスオの漫画による説明パネルを展示(陶板製)。
  • 工房2棟
    • 3棟の内2棟を復元。竪穴式で母屋にあたる部分は茅葺き、周縁の下屋部分は杉皮葺きで復元されている。[3]
  • ハニワ窯跡2基
    • 大小あわせて18の窯の内、2基を復元。また、1基を発掘中の状態で再現。
  • ハニワ工場館
    • 新池遺跡最大級の18号窯(530年頃)を覆屋で保護し、出土した埴輪3点も展示。

利用情報[編集]

  • 開館時間:10時 - 17時(公園内は終日オープン)
  • 休館日:12月29日 - 1月3日
  • 入館料:無料

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

出典[編集]

  1. ^ 高槻市教育委員会文化財課「ハニワ工場公園」リーフレット
  2. ^ 継体天皇と今城塚古墳 P.157(高槻市教育委員会編 ISBN 4-642-07735-9)
  3. ^ 継体天皇と今城塚古墳 P.158(高槻市教育委員会編 ISBN 4-642-07735-9)

外部リンク[編集]