今城塚古代歴史館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 高槻市立今城塚古代歴史館
Imasirotuka-museum 01.jpg
施設情報
専門分野 今城塚古墳と三島古墳群の資料
館長 森田 克行
事業主体 高槻市
開館 2011年(平成23年)4月1日
所在地

569-1136
大阪府高槻市郡家新町48番8号

北緯34度51分8.6秒
東経135度35分45.6秒
公式サイト 今城塚古代歴史館
プロジェクト:GLAM
国内最大の家形埴輪

今城塚古代歴史館(いましろつかこだいれきしかん)は、大阪府高槻市郡家新町にある博物館

今城塚古墳が2004年(平成16年)から史跡公園として整備され、10年にわたる発掘の成果や古墳時代の歴史を学び、歴史文化の体験学習もできる、古代体験ミュージアムとして2011年(平成23年)4月に開館した。 古墳公園と歴史館の2つを総称して「高槻市立いましろ大王の杜(だいおうのもり)」と名付けられた[1]

施設[編集]

  • 玄関ホール
  • 常設展示室 
  • 企画展示室
  • 体験学習室
  • 映像研修室
  • はにたん観光情報コーナー
年3,4回の企画展では外部講師による講座、また、発掘調査に携わる学芸員による学芸員講座が定期的に実施される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「いましろ大王の杜」リーフレット

関連項目[編集]