台湾タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

台湾タワー(たいわんたわー、繁体字: 台灣塔)は、台湾台中市水湳飛行場跡地で進行中の都市計画において、建設が構想・予定されているの一般呼称。タワーはまだ存在しておらず、完成後の正式名称も未定。タワーはそのデザインを世界から募集する、国際コンペが開催された。その最終選考で1位になったのは、日本建築家藤本壮介の作品。

概要[編集]

飛行場跡地は約4.4ヘクタール。このエリアを「台中水湳経貿生態園区」に制定し、タワーを含む都市計画のデザインをコンペで募った。

100名を超える応募者の中から、第1次選考で2次選考候補者5名まで絞られた。この時点ではルーマニアのStefan Dorinのデザインがトップを取った。その後第2次選考で、日本の建築家藤本壮介のデザインが最終的に第1位となった[1]。タワーは65.88億台湾元の予算で、2017年に完成予定。

沿革[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]