古橋柳太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古橋 柳太郎(ふるはし りゅうたろう、1882年 - 1961年)は、日本建築家東京府生まれ。

東京で大工の棟梁をしていた古橋由次郎の長男として出生した。1910年東京帝国大学工科大学建築学科を卒業し、国政府から技師として招かれた。翌1911年辛亥革命が勃発すると帰国し、曽禰中條建築事務所に勤務した。1914年、独立し建築事務所を設立した。1961年、東京都内で亡くなった。

主な作品に後楽園球場麻布中学高等学校[1]日本基督教団甲府教会[2]などがある。

脚注[編集]

  1. ^ 港区ゆかりの人物データベースサイト 麻布中学・高等学校” (日本語). www.lib.city.minato.tokyo.jp. 2018年11月17日閲覧。
  2. ^ 日本基督教団甲府教会百年史. 日本基督教団甲府教会. (1979年4月22日). p. 131. 

参考文献[編集]

『日本基督教団甲府教会百年史』日本基督教団甲府教会、1979年4月22日