古村貢三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古村 貢三郎

古村 貢三郎(ふるむら こうざぶろう、1884年明治17年)1月17日[1][2] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の政治家愛知県瀬戸市長。

経歴・人物[編集]

岡山県勝田郡古吉野村石生(現・勝央町石生)に生まれる[2]1906年(明治39年)11月、和歌山県属となり、以後、滋賀鳥取北海道大阪福井各県属を経て、1918年(大正7年)3月に福井県知事官房主事となる[1][2]

同年12月に同県大飯郡長、ついで足羽郡長、敦賀郡長、遠敷郡長を経て、1925年(大正14年)1月、地方事務官となり福井県内務部勧業課長に発令される[1][2]。翌年の1926年(大正15年)8月、辞任し、新潟市主事を経て、1927年(昭和2年)7月に樺太庁に転じ、豊原支庁長、本斗支庁長、真岡支庁長を歴任し、1929年(昭和4年)11月まで務めた[1][2]

同月樺太豊原郡豊原町長に就任し、1931年(昭和6年)1月まで務め、同年4月に静岡市主事庶務課長に転じ、1933年(昭和8年)静岡市助役に就任[1][2]1937年(昭和12年)3月25日、任期満了に伴い退職し[2]1938年(昭和13年)1月13日に愛知県瀬戸市長に就任した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 帝国自治協会 1938, 28頁.
  2. ^ a b c d e f g 静岡市 1941, 855頁.

参考文献[編集]