古川順弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川順弘(ふるかわ のぶひろ、1970年- )は、日本のフリーライター、翻訳家。

略歴[編集]

神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。出版社勤務を経てフリーランスのライターとなる。宗教・歴史をメインテーマに執筆活動を行っている[1]

著書[編集]

  • 渋沢栄一の「士魂商才」』寺島実郎監修 中経出版 (中経の文庫 2010
  • 『地図とあらすじで歩く『古事記』』新人物往来社 新人物文庫 2012
  • 『古事記と王権の呪術』コスモス・ライブラリー 2015
  • 『「日本の神々」の正体』洋泉社(歴史新書) 2016
  • 『物語と挿絵で楽しむ聖書』宇野亞喜良ナツメ社 2016
  • 『イラストでよくわかる日本の神様図鑑』カワグチニラコ イラスト 青幻舎 2017
  • 『現代人のための葬式とお墓の日本史』にほn新谷尚紀監修 洋泉社 (歴史新書) 2017

共著[編集]

翻訳[編集]

  • C.S.ノット『回想のグルジェフ ある弟子の手記』コスモス・ライブラリー 2002
  • W.P.パターソン『グルジェフを求めて 〈第四の道〉をめぐる狂騒』コスモス・ライブラリー 2003
  • ヴェラ・スタンリー・オールダー『第三の眼の覚醒』出帆新社 (スピリチュアルシリーズ 2005

脚注[編集]

  1. ^ 『現代人のための葬式とお墓の日本史』著者紹介

外部リンク[編集]