古川武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川 武彦(ふるかわ たけひこ、1940年 - )は、日本の気象学者。

滋賀県生まれ。1961年気象庁研修所高等部(現気象大学校)卒。1968年東京理科大学理学部物理学科卒業。気象庁航空気象管理課長、予報部予報課長、札幌管区気象台長、(財)日本気象協会技師長、気象コンパス代表。1980年「山岳波に関する研究」で理学博士九州大学)。専門は気象学、気象予報技術[1]

著書[編集]

  • 『わかりやすい天気予報の知識と技術』オーム社 1998
  • 『気象予報士試験キーワードで学ぶ受験対策』東京堂出版 2007
  • 『人と技術で語る天気予報史 数値予報を開いた〈金色の鍵〉』東京大学出版会 2012
  • 『気象庁物語 天気予報から地震・津波・火山まで』中公新書 2015
  • 『避難の科学 気象災害から命を守る』東京堂出版 2015

共編著[編集]

  • 『気象予報士試験学科演習』天気予報技術研究会編 新田尚,稲葉征男共著 オーム社 2000
  • 『アンサンブル予報 新しい中・長期予報と利用法』酒井重典共著 東京堂出版 2004
  • 『図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図』大木勇人共著 講談社ブルーバックス 2011
  • 『現代天気予報学 現象から観測・予報・法制度まで』室井ちあし共著 朝倉書店 2012
  • 『雲のコレクション 雲を見る、知る、集める』岩槻秀明共著 文・写真 洋泉社 2013

翻訳[編集]

  • ドナルド・アーレン『最新気象百科』監訳 椎野純一,伊藤朋之丸善 2008

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『気象庁物語』著者紹介

外部リンク[編集]