厳嶋神社 (新宿区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
厳嶋神社
Nuke-Benten.jpg
所在地 東京都新宿区余丁町8-5
位置 北緯35度41分51秒
東経139度42分48秒
座標: 北緯35度41分51秒 東経139度42分48秒
主祭神 市杵島姫命(弁財天)
社格 ?
創建 1086年
例祭 9月5日
テンプレートを表示

厳嶋神社(いつくしまじんじゃ)は、東京都新宿区余丁町にある神社である。祭神は市杵島姫命だが、これが仏教弁才天習合したため、新宿山ノ手七福神弁財天を祀る神社として知られる。通称抜弁天(ぬけべんてん)。

歴史[編集]

応徳3年(1086年)、鎮守府将軍源義家(八幡太郎)が後三年の役(1083~1087)で奥州平定に向かう途中ここに宿営した。この地はこの地域で最も高い場所であり、かつては富士山もよく見えたようで、この時、義家も遠く富士山を望み、さらにその先、安芸に鎮座する厳島神社に戦勝を祈願した。

そして義家は奥州平定を成し遂げ、その帰途、戦勝のお礼のためこの地に神社を建立し、厳島神社を勧請したと伝えられる。

義家がこの地に立ち寄り祈願して苦難を切り抜けたという伝説と、また境内参道が南北に通り抜けできることから「抜弁天」ともいわれ、江戸の六弁天に数えられる。

江戸時代には稲荷神社もあり、徳川綱吉による生類憐れみの令により付近に野犬のための2万5千坪の犬小屋が設置されていた。

所在地[編集]

  • 東京都新宿区余丁町8-5
    • 都営地下鉄大江戸線「東新宿」、都営バス「抜弁天」下車

関連項目[編集]