原笙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

原 笙子(はら しょうこ、1933年昭和8年〉3月14日 - 2005年平成17年)10月7日)は、舞楽家。原笙子はロシア語の「ハラショー(Xopoшo)」を捩ったペンネーム

人物[編集]

京都府出身[1]1957年(昭和32年)、日本で唯一の女人舞楽を担う「京都舞楽会」を立ち上げ、男性中心の舞楽界に新風を吹き込んだ。1978年(昭和53年)に家出を繰り返した波乱の少女時代などをつづった『不良少女とよばれて』を上梓。ベストセラーになりテレビドラマ化されたが、テレビドラマの内容はかなり脚色され、著書とはかなりの隔たりがあった。1985年(昭和60年)に兵庫県芦屋市において女人舞楽の会「原笙会」を設立。日本はもとより世界各国にて公演活動を行う。

2005年(平成17年)10月7日、急性骨髄性白血病のため死去。享年72。

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビおもいッきりイイ!テレビ

著書[編集]

外部リンク[編集]