印伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

印伝(いんでん、印傳)とは、印伝革の略であり、鹿の皮をなめしたものをいう。 細かいしぼが多くあり、肌合いがよい。なめした革に染色を施しで模様を描いたもので、袋物などに用いられる。名称はインド(印度)伝来に因むとされ、印伝の足袋正倉院宝庫内に見られ、東大寺に文箱が奈良時代の作品として残る。

概要[編集]

印伝または印傳という名称は、貿易を行った際に用いられたポルトガル語 (india) 又はオランダ語 (indiën) の発音にインド産の鞣革を用いた事から印伝と言う文字を当てたとされる。 この名称は寛永年間にインド産装飾革が江戸幕府に献上された際に名づけられたとされる[1]。 専ら鹿革の加工製品を指す事が多い。印伝は昔において馬具胴巻武具甲冑の部材・巾着銭入れ胡禄革羽織煙草入れ等を作成するのに用いられ、今日において札入れ下駄鼻緒印鑑入れ・巾着・がま口ハンドバッグベルトブックカバーなどが作られている。

山梨県の工芸品として甲州印伝が国により、その他の伝統的工芸品に指定されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郷土伝統工芸品-甲州印伝、2016年10月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]