南総町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なんそうまち
南総町
廃止日 1967年10月1日
廃止理由 編入合併
南総町加茂村市原市
現在の自治体 市原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
市原郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 78.94km2
総人口 16,317
国勢調査1965年
隣接自治体 市原市、市原郡加茂村、君津郡平川町富来田町長生郡長柄町長南町夷隅郡大多喜町
南総町役場
所在地 千葉県市原郡南総町大字牛久
座標 北緯35度24分03秒 東経140度08分05秒 / 北緯35.40097度 東経140.13469度 / 35.40097; 140.13469座標: 北緯35度24分03秒 東経140度08分05秒 / 北緯35.40097度 東経140.13469度 / 35.40097; 140.13469
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

南総町(なんそうまち)は、かつて千葉県市原郡にあった町。現在の市原市の中部から南部にかけて位置していた。

1954年、昭和の大合併の時期に成立し、10年あまり存続したのち市原市に編入された。旧町域は市原市役所南総支所の所管区域となっており、南総地区と呼ばれている[1][2]

沿革[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 市原市役所支所設置条例”. 市原市. 2021年9月26日閲覧。
  2. ^ 南総地区社協”. 市原市社会福祉協議会. 2021年9月26日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]