南海ヒーリングビレッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

南海ヒーリングビレッジ(なむへ(なめ)こくさいひーりんぐびれっじ)は慶尚南道が造成中の国際リゾート地「南海ヒーリングアイランド」の一部。2017年に完成予定。

目的[編集]

慶尚南道の50年計画に基づき、現代人へのヒーリング(癒し)の提供や歴史文化資源の観光資源化により様々な観光目的に応えるため建設される。

概要[編集]

  • 場所:慶尚南道南海郡昌善面韓国語版ジンドンリ654番地
  • 事業期間:2013年~2017年
  • 広さ:172,130㎡
  • 施設:ヒーリングセンター、エコ住宅、多目的コミュニティセンター、展示施設、駐車場、公園、遊歩道、展望台、上下水道など
  • 事業費:120億ウォン
  • 在日韓国人30世帯が民間資本により誘致され、近くのドイツ村やアメリカ村と連携して国別のテーマストリートとして脚光を浴びるものと見られている[1]

アイランド全体の計画[編集]

ホン・ジュンピョ慶尚南道知事が2015年1月27日南海郡を訪れ語ったところによると、南海ヒーリングアイランド全体の事業費は6495億ウォン。ヒーリングセンター・エコ住宅中心の「ヒーリングビレッジ」の他、マリーナコンドミニアム中心の「サントリーニ型観光リゾート開発」、ダイエット施設·スパヴィラ中心の「ダイエット宝島」、ゴルフ場レクリエーションコンドミニアム中心の「ヒーリング複合リゾート」が造成される。[2]

参照[編集]

外部リンク[編集]