南明寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南明寺なんみょうじ
Nanmyoji 201611b.jpg
所在地 奈良県奈良市阪原町1005
位置 北緯34度43分0.0秒
東経135度56分24.0秒
座標: 北緯34度43分0.0秒 東経135度56分24.0秒
山号 医王山
宗派 真言宗御室派
法人番号 5150005000356 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

南明寺(なんみょうじ)は、奈良県奈良市阪原町にある真言宗御室派寺院山号は医王山。 奈良市の中心部から柳生の里へ通じる柳生街道沿いに位置する。

歴史[編集]

創建の事情ははっきりしていない。伝承によれば敏達天皇4年(575年)、百済の僧によってこの地に営まれた「槇山千坊」の一であったという(創建年代については宝亀2年・771年とも)。現本堂は鎌倉時代中頃の建築と推定され、境内からはこの時代をさかのぼる遺構や出土品などが見つかっていないことから、実際の創建は鎌倉時代頃ではないかと推定されている。本尊をはじめとする仏像は堂より古い平安時代の作であり、他所から移されたものと考えられている。

文化財[編集]

重要文化財

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系 奈良県の地名』、平凡社

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、南明寺に関するカテゴリがあります。