南川秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

南川 秀樹(みなみかわ ひでき)は、環境省の官僚。自然環境局長、地球環境局長、官房長、地球環境審議官を経て2011年1月から2013年7月まで環境事務次官を務めた。三重県四日市市出身。

自然環境局長在任中(2005年)、「日光国立公園」を「日光尾瀬国立公園」と改称してほしいという群馬県、福島県、新潟県等からの要望に対し、尾瀬地域を日光国立公園から分離し、尾瀬国立公園として独立させる案を打ち出し注目を集めた。 (その後、この構想は実現し、2007年尾瀬国立公園が制定された。)

地元三重県知事選挙への出馬について民主党から打診され意欲を見せていたものの、事務次官昇格が決まり翻意、2011年に環境事務次官に就任した[1]。2013年退官し、新設された福島中間貯蔵等連絡調整推進本部本部長に就任[2]

経歴[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中日新聞2010年12月25日
  2. ^ http://www.yomiuri.co.jp/feature/eq2011/information/20130704-OYT8T00319.htm