南京民俗博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南京民俗博物館
Minzoku00.jpg
南京民族博物館
各種表記
繁体字 南京民俗博物館
簡体字 南京民俗博物馆
拼音 Nánjīng Míngsù Bówùgguăn
テンプレートを表示

南京民俗博物館(なんきんみんぞくはくぶつかん)は中華人民共和国江蘇省南京市秦淮区に位置する博物館である。甘熙故居とも称される。

建物はレンガ木材で建築されており、左右それぞれに5つの中庭がある。建物の間数は99半とされているが、実際は100間以上ある。この99間半の理由は、皇帝の住居である紫禁城が9999間半、孔子の子孫の邸宅であった曲阜孔府が999間半であったからである。このことから甘熙故居は中国最大の平民住宅とも言われる。

甘熙は清代の文人であり、科挙試験で進士に合格している。伝えられるところによれば、甘氏は古くは金稜の豪族であり、三国志でも有名なの名将でもあった甘寧の梁州刺史を務めた甘卓、清代初期の江南八侠之一に数えられた甘鳳池を先祖に持つ。甘熙故居は太平天国の乱で当時10万ともいわれた蔵書の大半が失われたとされている。2006年中華人民共和国全国重点文物保護単位に指定された。

入場料・開館時間[編集]

  • 10元(2008年現在)
  • 9:00-17:00(入場券販売停止16:30)(2008年現在)

座標: 北緯32度01分41秒 東経118度46分35秒 / 北緯32.02816度 東経118.77642度 / 32.02816; 118.77642