南京!南京!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南京!南京!
タイトル表記
繁体字 南京!南京!
簡体字 南京!南京!
ピン音 nánjīng nánjīng
(ナンチン ナンチン)
英題 City of Life and Death
各種情報
監督 陸川
出演者 劉燁
高圓圓
范偉
中泉英雄
秦嵐
江一燕
姚笛
木幡竜
宮本裕子
撮影 曹郁
配給 中華人民共和国の旗 中国電影集団公司
公開 中華人民共和国の旗 2009年4月22日
製作国 中国日本
製作費 8千万元(約11億5千万円)
テンプレートを表示

南京!南京!』(なんきん!なんきん!)(英題 City of Life and Death)は、陸川監督によって製作された中国映画日中戦争南京戦とその後に起こったとされる南京事件を題材にした作品。モノクロで制作されており、南京戦の一連の様子が一日本兵の視点から描かれている[1]

概要[編集]

4年以上の歳月をかけて脚本を練り、製作がおこなわれた。陸川監督は脚本を書くために膨大な数の日本兵の日記を読み、友人が日本で収集した2000冊以上のモノクロ写真集を参考にしたという[2]。そうした史実資料から構想のヒントを得ているものの、陸川監督は「これは記録映画ではない。戦争での人々の感情を描いた」と述べている。慰安婦のシーンも大きな割合を占めており、監督はこれらのエピソードは大量の歴史的資料の裏づけがあって設定されたと述べている[3]

本作は日本では公開されていないが、陸川監督は日本国内での上映を強く希望しており、2009年9月21日、スペインで開催された第57回サンセバスチャン国際映画祭における公式会見の席上で、配給会社が決まり日本公開されることが監督によって明らかにされた。だが、劇中で使用している楽曲の著作権問題で配給会社との交渉は決裂し、2011年8月21日に史実を守る映画祭により一日限りの上映が行われた[4]

ストーリー[編集]

出演[編集]

反響[編集]

2009年4月25日より中国にて、2010年4月28日より欧州にてロードショーが開始される[5]。戦争の狂気と悲惨さを製作側は意図したため、中国国内では映画中に登場する日本兵の姿に激しい賛否両論を呼んだ。杭州で催された試写会では、日本人俳優に対し、「日本帝国主義打倒!」や「バカ!」といったののしり声が客席の一部から飛ばされる場面があったが、「彼らは尊敬すべき人たちだ!」という声がはるかに多くの観客から上がり、会場は拍手でいっぱいになり、日本人俳優もこれに深い感動をおぼえたという。さらに出演した日本人俳優に対して、「(帰国後の日本からの弾圧を避けるために)今後保護するために中国で暮らしてはどうか」との申し出もあった。人民網日本語版は「全ての中国人は、南京大虐殺から70数年が経った今こそ、民族史上に受けた苦難をしっかりと心に刻まなければならない」と評論した[6]

表象文化論学者の劉文兵によると、本作は中国では大きな物議をかもし、特に加害者である日本兵の立場から南京事件を描いた点が糾弾された。劉は観客が痛快なカタルシスを得ることを損なったのが原因ではないかと分析している[7]

批評家・編集者の夏目深雪は、加害者である日本人の視点を取り込むことと犠牲者に寄り添うこと、通常であれば対立するはずの双方をやり遂げたことによって、リリカルな詩情を保ちながら残虐シーンの見世物化やそれらがイデオロギー性をまとうことから逃れることができており、日本人の観賞に耐えうる作品だと述べている[8]

受賞[編集]

  • 第57回サンセバスチャン国際映画祭(2009年):コンペティション部門 ゴールデン・シェル賞(最優秀作品賞)・審査員賞(最優秀監督賞)・カトリック映画賞(シグニス賞)
  • 第46回金馬奨(2009年): 最優秀撮影賞(曹郁)

脚注[編集]

  1. ^ “陸川インタビュー (2)”. 映画・「南京!南京!」. (2009年4月21日). http://j.people.com.cn/94478/96695/6642806.html 2009年5月10日閲覧。 
  2. ^ “「南京!南京!」役決め:小豆子は一枚の写真がもとに”. 映画・「南京!南京!」. (2009年4月23日). http://j.people.com.cn/95952/6643429.html 2009年6月6日閲覧。 
  3. ^ “映画『南京!南京!』プレミア試写会、南京で開催”. China Radio International. (2009年4月16日). http://japanese.cri.cn/881/2009/04/16/1s138775.htm 2012年1月12日閲覧。 
  4. ^ いまだに日本公開できない『南京!南京!』警察官の厳重警備のもと1日だけの特別上映!シネマトゥデイ(2011年8月22日)
  5. ^ オフィシャルウェブサイト
  6. ^ 人民網日本語版
  7. ^ 劉文兵『中国抗日映画・ドラマの世界』(祥伝社新書、2013年)
  8. ^ 夏目深雪「中国映画は日中戦争をどう描いたか」『キネマ旬報増刊 戦後70年目の戦争映画特集』2015年8月18日。

外部リンク[編集]