千野葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千野 葉子
Yoko Senno
群馬銀行グリーンウイングス
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-11-24) 1986年11月24日(32歳)
出身地 香川県高松市
ラテン文字 Yoko Senno
身長 180cm
体重 73kg
血液型 A型
選手情報
所属 群馬銀行グリーンウイングス
愛称 ヨウコ
役職 アシスタントトレーナー
ポジション MB
指高 234cm
利き手
スパイク 297cm
ブロック 292cm
テンプレートを表示

千野 葉子(せんの ようこ、女性、1986年11月24日 - )は、日本の元バレーボール選手。香川県高松市出身。ニックネームはヨウコ

来歴[編集]

小学校4年生からバレーボールを始める。香川県立高松北高校では、同期の遠藤りつこらと共に春高バレー(1年時、県勢初のベスト4)・国体インターハイに出場し、2006年世界ジュニア選手権を経験した。

2005年JTマーヴェラスに入団。2009年5月、現役引退、同チームのマネージャーとなった。

2013年5月、JTを退団[1]。2018/19シーズンから群馬銀行グリーンウイングスのアシスタントトレーナーを務める[2]

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
栗林小→桜町中→香川県立高松北高等学校JTマーヴェラス(2005-2009年)

脚注[編集]

  1. ^ JTマーヴェラス. “退部にあたって―石原昭久監督と退部選手・スタッフからのメッセージ”. 2013年5月31日閲覧。
  2. ^ 選手・スタッフ紹介”. 群馬銀行. 2018年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]