千田モト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千田 モト(ちだ もと、1916年3月27日-1997年6月28日)は、日本舞踏家北海道出身。札幌舞踊会設立者。数々の公演を手がけた他、バレエの振興発展や、後進の育成に尽力した功績でも知られる。二女の千田雅子は、現札幌舞踊会代表。

来歴・人物[編集]

札幌市立高等女学校(現北海道札幌東高等学校)卒業。クラシックバレエの専門教育は受けておらず、独学で学んだ。戦前は、北海道の委属で町村歌の振り付けなどを手がけ、戦後間もない1948年3月、札幌舞踊会を設立。以後、北海道を拠点に、数々の公演を手掛けた他、1953年には日本バレエ協会北海道支部設立に携わり、1956年まで副支部長を務めている。1965年、北海道で初めて「白鳥の湖」全幕を公演。また、バレエのみならず、夏の盆踊りの曲として知られる「子供盆おどり唄」の振り付けや、学校の学芸会や体操教育の表現方法の指導普及に努めるなど、舞踊文化の新興に貢献した。

受賞[編集]

外部リンク[編集]

札幌舞踊会