北見厳寒の焼き肉まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北見厳寒の焼き肉まつり(2010年)

北見厳寒の焼き肉まつり(きたみ げんかんのやきにくまつり)は、北海道北見市において毎年2月上旬に行われる焼肉イベント[1]読売テレビ制作のバラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』では「北見寒の焼き肉まつり」と表記された[2]

概要[編集]

北見市は支店や出張所が多く転勤族の支店長達が集まる会「ぼらんち会(当時はでさき会)」という組織がある。その発案で「北見は寒さが厳しい」と「北見は焼き肉が安くて新鮮でおいしい」、この2つを活用して北見市を対外的にPRすることができないかと考えた。それに賛同した地元有志とともに2000年のうるう年である2月29日(ニクの日)に「北見厳寒の焼き肉まつり」を開催し、大盛況の内終了した。

当初は1回限りのおまつり開催予定となっていたが北見市民からの反響が大きく、現在では「ぼらんち会」「(公社)北見青年会議所」・「地元企業など」100名以上のボランティアスタッフがおまつりの準備・設営・撤収作業など行い。2月初旬に開催している

平成29年2月3日(金)現在では第18回目の開催となり気温は-11度と「焼き肉のたれ」がシャーベット状態になり、「焼酎のお湯割りや熱燗はすぐに「水割りや冷酒」になるなど、厳しい寒さの中、400台の七輪を1700人が囲みおまつりを楽しんだ。

入場券は1枚2,000円でサガリ・豚肩ロース・ホルモン・タマネギが各100g、タレ皿・割りばし・塩コショウがセットになっており、割りばし等提供は多く、割りばしは(「一社)オホーツク森林産業振興協会」焼肉のたれは全て提供品で「上北農産加工農業協同組合」・「ベル食品㈱」・「JAきたみらい」より合計600本。ポッカレモンや焼酎お湯割り用の割材「ポッカサッポロ北海道㈱」の提供品に抽選会用景品もあり、サッポロビール㈱からも提供品がある。他にも「北見地区養豚団地協議会」や「北見地区肉振協議会」のお肉提供や、「北見市農業振興会議端野自治区部会」からは豚汁の提供もある。

会場内には様々な出店があり現在は焼肉のみならず、北見猟友会の鹿肉ブースをはじめ鉄板焼きや厳寒ラーメン、ソフトクリームの販売など色々と楽しめる

北見厳寒の焼き肉まつり実行委員会が主催となり北見観光協会を窓口として北見冬まつりの前日に開催されている。なお後援には北見市と北見商工会議所[3][4]。北見市は人口1人あたりの焼肉店の数が北海道で一番高い「焼肉のまち」であり、約2000人規模の厳寒焼き肉まつりも北見の名物として知られる[5][6][7]。このイベントのためにわざわざ道外、または海外から訪れる観光客もいるという。焼けた肉が氷点下10度の気温ですぐに凍ってしまう[2][7]ため、素早く口に入れなければならないという。


2004年にBSE問題で牛肉・牛肉製品の輸入が停止された際には、本来使うはずの牛肉に代わって豚肉が使用されたこともあった[1]

2017年は全国初の試みで地元のスナックの協力で『厳寒のスナック』が出店。同年には初の試みで道新プレイガイドによるweb販売も実施しチケットは200枚増販されたが即完売となった。また、同年には北見市の焼肉をPRする目的で結成された、北見焼肉アイドル Meat Youもライブ出演した[8]。近年では多数のテレビ局も中継や収録に取り扱われているイベントになった。

サッポロビール㈱では「北海道冬のまつり缶」として、サッポロ生ビール黒ラベルとサッポロクラシックで、厳寒の焼き肉まつりも取り上げられ、2018年1月23日より北海道限定で販売される。 2018年は入場券を1,900枚、七輪450台と増やし(Web販売は道新プレイガイドとe+)平成30年2月2日(金)に開催。 TBS「情報7DAYSニュースキャスター」では翌日の2月3日(土)に3分程放送され、更に全国区のおまつりとなった。


平成31年2月1日(金)に20回目を迎えた厳寒の焼き肉まつりが開催。入場券は限定2,000枚で1月中旬に完売。開催時間も30分延長し17時~20時までの3時間とし、七輪700台が会場を埋め尽くし氷点下10度の中終了。

SNSをバズらせよう企画「#厳寒焼肉」などを実施し世界へ発信。また、NHK「シブ5時」などで中継され全国へ放映された。今回は焼き肉で有名な三重県松阪市や長野県飯田市の人たちも来場。規模も拡大すると同時に全国的に注目されている。


開催日と会場[編集]

開催日 会場 実行委員長 参加者数 出典
1 2000年2月29日 北見市小公園 牧村匠
2 2001年2月9日 北見市小公園 牧村匠
3 2002年2月8日 北見市小公園 牧村匠 [9]
4 2003年2月7日 北見市小公園 主藤隆臣
5 2004年2月6日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣 [1]
6 2005年2月11日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
7 2006年2月3日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
8 2007年2月9日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
9 2008年2月8日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
10 2009年2月13日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
11 2010年2月12日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣
12 2011年2月10日 北見芸術文化ホール駐車場 主藤隆臣 [10]
13 2012年2月10日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,500人 [11]
14 2013年2月8日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,500人
15 2014年2月7日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,500人 [12]
16 2015年2月6日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,500人 [13][14]
17 2016年2月5日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,500人
18 2017年2月3日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,700人
19 2018年2月2日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約1,900人
20 2019年2月1日 北見芸術文化ホール駐車場 下元陽司 約2,000人

出典[編集]

  1. ^ a b c “BSE・大雪に負けるな 豚肉使い焼き肉まつり 北見”. 朝日新聞. (2004年2月6日). http://www.asahi.com/special/bse/TKY200402060312.html 2017年2月3日閲覧。 
  2. ^ a b 「北見市に住む北海道民は、極寒の中、1000人以上で焼肉を食べる!?」”. 読売テレビ (2014年5月1日). 2017年2月3日閲覧。
  3. ^ 「北見冬まつり*キャンドル沿道にも*「マチの一体感」を演出」、『北海道新聞朝刊地方』、2006年1月6日。 
  4. ^ 「来月10、11日 北見冬まつり*アイスキャンドルとイルミネーション*目玉は光のコンテスト*18日から出場者募集」、『北海道新聞朝刊地方』、2007年1月10日。 
  5. ^ 焼肉のまち・北海道北見の菓子店に「焼肉気分が味わえるクッキー」が登場!”. ねとらぼ (2016年4月7日). 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ “北海道北見は「北の焼き肉天国」だった!焼肉店60軒、週に3日はご近所で焼き肉パーティー”. J-CASTテレビウォッチ. (2015年2月19日). http://www.j-cast.com/tv/2015/02/19228286.html?p=all 2017年2月3日閲覧。 
  7. ^ a b マイナス10度の野外で焼き肉を食べるまち北見―その起源とは?”. 北海道ファンマガジン (2015年1月26日). 2017年2月4日閲覧。
  8. ^ 北見焼肉アイドル Meat You公式ホームページを参照
  9. ^ 「特定の有志に負担/実行委員長が降板*岐路に立つ北見焼肉まつり*運営基盤の強化が課題」、『北海道新聞朝刊地方』、2002年12月10日。 
  10. ^ “2011北見厳寒の焼き肉まつり”. 広報きたみ (北見市) 59: 8. (2011-02-01). https://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011051300078/files/08-9.pdf 2017年2月4日閲覧。. 
  11. ^ 北見厳寒の焼肉まつり”. JA斜里町 (2012年2月15日). 2017年2月4日閲覧。
  12. ^ “第15回北見厳寒の焼き肉まつり”. 広報きたみ (北見市) 96: 6. (2014-02-21). http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2014022100011/files/06-07.pdf 2017年2月4日閲覧。. 
  13. ^ “厳寒の夜、染みるうまさ 北見焼き肉まつり 1500人、白い息”. 北海道新聞. (2015年2月7日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/590904.html 2017年2月4日閲覧。 
  14. ^ 第16回北見厳寒の焼き肉まつり”. JAきたみらい (2015年2月9日). 2017年2月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]