北条宗時 (遠江守)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
北条宗時
時代 鎌倉時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 宗時
別名 五郎(通称)、阿曾遠江守
官位 遠江
幕府 鎌倉幕府
氏族 北条氏得宗
父母 父:北条時頼、母:不明
兄弟 時輔、時宗、宗政宗時政頼宗頼時厳、女子(早世)

北条 宗時(ほうじょう むねとき)は、鎌倉時代中期の北条氏の一門。第5代執権北条時頼の子で、第8代執権・北条時宗の弟に当たる。通称は五郎(ごろう)。生没年、生母は不明。阿曾遠江守と称した。系図類にのみに見える人物であり、『吾妻鏡』等の史料には登場せず[1]、実在したかどうかについては疑問が抱かれている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 人物叢書・北条時頼、223頁
  2. ^ 細川・109頁

参考文献[編集]