北村源三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北村 源三(きたむら げんぞう)(1937年-)は、日本トランペット奏者。

略歴[編集]

京都府出身。京都市立堀川高等学校を経て東京芸術大学に学ぶ。大学在学中の1958年、第27回日本音楽コンクール管楽器部門第1位入賞。1960年NHK交響楽団に首席トランペット奏者として入団、以後25年間に渡って首席奏者を務めた。1962年から1965年までウィーン国立アカデミーに留学、ヨゼフ・レボラ(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席トランペット奏者)に師事。1991年にNHK交響楽団の第11回有馬賞を受賞[1]。1993年にNHK交響楽団を定年退職し、以降N響団友として活動。N響退団後もソロまたはアンサンブルで数多くのコンサート活動を行う。2011年にはウィーンでオルガン伴奏によるソロCD『Con Spirito』を録音。演奏活動を通じて国内外に多くの知己を持つ。

教育者としては国立音楽大学、東京芸術大学などで後進の指導にあたり、津堅直弘曽我部清典数原晋森重修実など数多くの第一線で活躍する演奏家を育て、日本のトランペット界に大きな影響を与えた。京都市立高等学校芸術顧問。元日本トランペット協会会長(後に名誉会員)。 日本トランペット協会道央協会、芸術の森ブラス・アンサンブル名誉顧問。

CD[編集]

  • VOCALISE (1992年)
  • 長尾洋史 管楽器の名手を迎えて (2001年)
  • Con Spirito (2011年)

他にNHK交響楽団の一員として多くの録音に参加している。

脚注[編集]