北山孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北山 孝雄(きたやま たかお, 1941年)は、日本の都市計画家, 商業コンサルタント、デザイナー。 プロデューサー。 全国各地でまちづくりをプロデュースする、どんな生活を実現したいのかを発想の原点に、人を軸にしたまちづくり、くらしづくりを手掛ける株式会社北山創造研究所代表。大阪生まれ。 K.I.T.虎ノ門大学院イノベーションマネジメント研究科客員講師。また和歌山県わかやまアドバイザー会議委員、横浜市文化芸術・観光振興による都心部活性化検討委員会委員をはじめ、商業都市コンサルタントや商品デザイン、全国各地において公共プロジェクトにも携わる。

人物[編集]

安藤忠雄は双子の兄[1]。安藤がプロボクサーになった[2]のは一足早くプロボクサーになっていた北山の影響である。北山孝二郎は弟。北山家は5兄弟であるが、安藤忠雄だけは祖父の家に養子に行ったため苗字が異なる。 日本の公共空間や商業空間のデザインを数多く手掛ける。

代表的プロジェクト[編集]

著書[編集]

  • 1994年 『まちづくりの知恵と作法』(日本経済新聞社)
  • 1999年 『発想の原点』プロジェクトビジネスの創造
  • 2003年 『24365東京』(「24365東京」, 集英社インターナショナル)
  • 2005年 『このまちにくらしたい うずるまち』(産経新聞出版)
  • 2013年 『北山創造研究所のあの手この手』
  • 「大阪人・北山孝雄の 24 時間」
  • 「実感思考」

賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三枝輝行の商い勘所|MBS1179 FM906”. 三枝輝行の商い勘所. MBSラジオ (2011年4月). 2021年10月21日閲覧。
  2. ^ 安藤忠雄氏 元プロボクサーで都市空間デザイナーの弟は双子|NEWSポストセブン”. NEWSポストセブン. 小学館 (2015年7月31日). 2021年10月21日閲覧。
  3. ^ 毎日デザイン賞”. 毎日新聞社. 2021年10月21日閲覧。