北ヨーロッパ平野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東フリジア(ドイツ北西部)の平野の朝霧
北ヨーロッパ平野の範囲
ドイツを中心にした地形図

北ヨーロッパ平野(北ヨーロッパ平原、ドイツ語:Norddeutsches Tiefland, ポーランド語:Niż Środkowoeuropejski, 英語:North European Plain) は中央ヨーロッパ北部に広がる平野

中央ヨーロッパ高地やズデーテン山地カルパティア山脈の北、および北海バルト海の南を東西に伸びており、ベルギーオランダドイツデンマークポーランドの各国にまたがる。東は東ヨーロッパ平原へとつながり、併せてヨーロッパ平原を構成する。ドイツ北部の平野は北ドイツ平野(Norddeutsches Tiefland, 北ドイツ低地)、ポーランドの平野はポーランド平野(Niż Polski)とも呼ばれる。

標高は海抜0mから海抜200mで、主に森林農地として利用されるが、ヒース(荒地)なども散在する。

北の海岸沿いには砂丘、および干潟潟湖が広がる。北海沿岸ではエムス川ヴェーザー川エルベ川が流入するワッデン海、バルト海沿岸ではオーデル川河口のシュチェチン湾、ヴィスワ川河口のヴィスワ湾(ヴィストゥラ潟)、ネマン川河口のクルシュ海(クルシュ潟)などが代表的なものである。平野の西部のライン川河口付近はネーデルラント(低地地方)と呼ばれてきた。

北ヨーロッパ平野には氷河地形が残る。最終氷期にはスカンジナビアから伸びる氷床の南端があり、氷河が削った後にできたモレーンや波型の谷、氷床の辺縁に沿って川が流れた跡である東西方向の幅の大きな谷(ウーアシュトロームタール、Urstromtal)が形成された。ドイツ北部やポーランドを流れる大河はこうした谷に沿って流れている。