勝浦城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
勝浦城
千葉県
城郭構造 海城
天守構造 なし
築城主 不明
築城年 戦国時代
主な城主 上総武田氏里見氏安房正木氏
廃城年 不明
遺構 曲輪堀切
指定文化財 なし
位置 北緯35度8分9.3秒
東経140度18分40.8秒

勝浦城(かつうらじょう)は、千葉県夷隅郡勝浦(現在の千葉県勝浦市浜勝浦)に存在した日本の城

概要[編集]

勝浦湾の東南端に突き出た天然の険しい崖の上(八幡岬)に築かれた海城(要害)で、築城経緯・時期などの詳細は不明だが、1521年(大永元年)に真里谷城の城主だった上総武田氏の一族の真里谷信興真里谷信清?)が安房里見義堯による北上阻止のために支城として築城されたという説がある。

その後、真里谷武田家の一族の居城となっていたが、真里谷武田家が内紛で勢力を弱めると、後北条氏里見氏が上総に進出するようになった。

1544年(天文13年)、里見方の正木時茂大多喜城真里谷朝信を滅亡させ、朝信の勢力圏を里見氏の傘下に収めたとき、勝浦城も里見方となっている。以後は正木氏の一族の正木時忠が入り[1]、勝浦正木氏と呼ばれるようになった。時忠は後に後北条氏に寝返ったが、里見氏は勝浦城に激しい攻撃を加えこれを取り戻している。正木憲時の乱が起きたとき、正木頼忠お万の父)は里見義頼に味方したため、憲時の攻撃を受け、一時落城したといわれ、のちに「お万の布晒し」の伝承を生んだ。憲時の乱が鎮圧されると、頼忠は勝浦城主に復帰している。

1590年(天正18年)に徳川家臣本多忠勝に攻められ落城後廃された。

城が存在した場所は現在、八幡岬公園となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 千野原靖方「正木時茂と一族 : 小田喜・勝浦・内房正木氏の成立過程」(『千葉史学』20号、1992年)

外部リンク[編集]