勇者リンの伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

勇者リンの伝説』(ゆうしゃリンのでんせつ)は琴平稜による日本ライトノベルイラストkaroryが担当。レーベルは富士見ファンタジア文庫。 第24回ファンタジア大賞《金賞》授賞作[1]。単行本全5巻。

あらすじ[編集]

冒険者育成機関ユースタシア学園。その名の通り特殊な技術を学生に習得させることを目的として創立された学園であり、中でも人気を二分するものが、勇者課程と伝記士課程である。幼い頃から勇者になることを夢見て様々な特訓を経験してきた少年カイであったが、課程振り分け試験の際、希望した勇者課程ではなく、伝記士課程に配属されてしまう。一方落ちこぼれの幼なじみである少女リンは勇者課程に配属になり、彼女の型破りな行動にカイは巻き込まれていくことになる。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

カイ・アンバー
ユースタシア学園伝記士課程に所属する男子生徒。仲間の中では比較的常識人であり、それゆえ作中では主に他のメンバーへのツッコミ役となることが多い。元々は伝記士でなく勇者になることを目標とし幼いころからその方面の実力も磨いてきたが、課程振り分けの儀式の結果伝記士へと振り分けられた。本来戦闘を担当する職業ではないものの長年積み上げてきた実力は健在。
リン・アルクス
カイの幼馴染の少女。ユースタシア学園勇者課程所属。天真爛漫かつアクティブな性格で、長年の付き合いであるカイを初めまったく悪意なく周囲の状況をひっかき回すことがよくある。
ジル
リンの夏休みの冒険にパーティーメンバーとして同行した男。一見屈強な戦士と言った風な風貌で実際以前は戦士をしていたらしいが不況の影響でニート(本人曰く「遊び人」)に転職した。本名は「ハルバード」だがリン達に出会った際格好つけて名を明かさずにいたところ、リンに「チチジル」と命名されそこから「ジル」となった。
ニーナ
リンの夏休みの冒険にパーティーメンバーとして同行した少女。花屋兼下宿の大家の娘であり、この下宿にはジルも住んでいる。この世界でも珍しい召喚士の素質を持つ。彼女の召喚術は「異界の住人」を呼び出すという召喚術の中でも特異な部類のものであるが、その「異界の住人」はなにか訳ありな普通の一般人だったりする為有用性は微妙。「住人」とは言うが軽トラなど非生物であっても呼び出せる模様。

用語・設定[編集]

書籍情報[編集]

  1. 2013年1月19日 勇者リンの伝説 Lv.1 この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。 ISBN 978-4-8291-3847-2
  2. 2013年5月18日 勇者リンの伝説 Lv.2 勇者二人に挟まれて体育祭という名のクエストに挑むわけだが。 ISBN 978-4-8291-3889-2
  3. 2013年9月20日 勇者リンの伝説 Lv.3 七つの球を探し求めて俺たちの学園祭がカオス。 ISBN 978-4-8291-3936-3
  4. 2014年1月18日 勇者リンの伝説 Lv.4 ニーナが王女で王女がニーナで、風雲急を告げる舞踏会。 ISBN 978-4-0407-0006-9
  5. 2014年5月20日 勇者リンの伝説 Lv.5 赤点回避と失われた絆を取り戻すために、時をかける俺。 ISBN 978-4-0407-0113-4

脚注[編集]

外部リンク[編集]