加藤辨三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加藤弁三郎から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう べんざぶろう
加藤 辨三郎
生誕 1899年8月10日
日本の旗 日本
島根県簸川郡荒茅村
(現・出雲市
死没 (1983-08-15) 1983年8月15日(84歳没)
出身校 京都帝国大学
職業 実業家
子供 長男・加藤幹夫(協和醱酵工業社長)

加藤 辨(弁)三郎(かとう べんざぶろう、明治32年(1899年)8月10日 - 昭和58年(1983年)8月15日)は日本実業家。協和醱酵工業(現・協和発酵キリン)会長。従三位勲一等工学博士

経歴[編集]

島根県簸川郡荒茅村(現出雲市)に加藤伊三郎の長男として生まれた。生家は代々清酒醸造業を営んでいたが祖父の代に没落。父は村役場の書記をしていた。

京都帝国大学工学部卒業。四方合名会社(現・宝ホールディングス)入社。

1949年協和醱酵工業株式会社取締役社長に就任。1968年同社取締役会長に就任。

1952年在家仏教協会を設立。

参考文献[編集]

  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』 立風書房 2001年 432-433頁
  • 『日本の創業者 近現代起業家人名事典』(2010年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)103頁

外部リンク[編集]