加納友之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加納友之介

加納 友之介(かのう とものすけ、1872年6月13日明治5年5月8日) - 1936年昭和11年)8月14日)は、明治期の官僚、住友銀行理事。

経歴[編集]

茨城県生まれ。里正を務める郷士の家系。12歳で慶應義塾幼稚舎に入るも、病気退学。1896年(明治29年)帝国大学法科大学を卒業。1897年(明治30年)農商務省に入り参事官として商工局に勤務。1902年(明治35年)に政府委員として欧州各国を巡視。1904年(明治37年)、北海道拓殖銀行に入り、翌春住友銀行に転じ東京支店長となる。後に東海銀行(1941年設立の同名行とは無関係)の頭取、第一銀行取締役、自動車工業(現・いすゞ自動車)の社長などを歴任した。

参考文献[編集]