劇団青い鳥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劇団青い鳥(げきだん あおいとり)は、女性だけの劇団。1974年、独自の創作劇を目指して役者(女性)6名で設立。 1975年「美しい雲のある幕の前」で旗揚げ、1993年「最終版 ゆでたまご」まで集団制作を行い、作・演出を全員でてがけること、ステージの最後に「一同礼!」と全員で礼をすることからペンネームを市堂令とした。創作方法は特定の作家、演出家をおかず、役者全員が参加しながら創る独特のスタイルで、「青い鳥方式」とも呼ばれ、多くの注目を集める。 1986年、市堂令として紀伊國屋演劇賞個人賞受賞、1992年東京ジャーナル演劇賞受賞。 1993年の「最終版 ゆでたまご」以降の作品は劇団全体での集団創作という形に限らず、公演ごとに創作スタイルを変えながら、個人で脚本、演出をてがけることが多くなった。

[1]

主な上演[編集]

  • 「シンデレラ シュトルム ウント ドランク」(1985)
  • 「いつかみた夏の思い出」(1986)
  • 「ゆでたまご きみたちの巨きなまっ白な素足」(1987) 
  • 「青い実をたべた つめたい水 おいしい水」(1989)  
  • 1999年 芹川藍A・SO・BO PROJECT公演「実験」〜韓国居昌(コチャン)国際演劇祭に招待された。

    10月「銀の実時間」で青山演劇フェスティバル参加

  • 2002年 「Tokyo Paris London SAKURA」
  • 2003年 「ポロロッカ」
  • 2004年 「シンデレラ ファイナル」
  • 2006年 「もろびとこぞりて」
  • 2007年 「U.Z.K夕月〜ゆうづき」

     「天使たちの誘惑〜To The Lonely Planet」

  • 2008年 「青い実をたべた〜さと子の場合」
  • 2009年 「ザ還暦」
  • 2010年 青い鳥スモールワールド「ちょっとうれしい」
  • 2011年 青い鳥スモールワールドⅡ「ボクと妹のいる風景 東京〜ありがとうママンより」

著書[編集]

  • 「なかよし読本 劇団青い鳥の世界」(白水社、1986)
  • 「物語威風堂堂 市堂令戯曲集」白水社、1987 
  • 「青い鳥のチラチラミテル」(白泉社、1991)

在籍メンバー[編集]

役者
制作スタッフ
  • 長井八美
  • 渡辺なほみ

過去に在籍した役者[編集]

参考文献[編集]

  • 「トレパンをはいたパスカルたち 劇団青い鳥ものがたり」久田恵 透土社、1989

脚注[編集]

  1. ^ 『幸福論』(小倉千加子・中村うさぎ/岩波書店)ISBN 4-00-022861-7

外部リンク[編集]