前田曙山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前田 曙山
Shozan Maeda
生誕1872年1月1日 グレゴリオ暦
(明治4年11月21日 旧暦
日本の旗 日本 東亰府日本橋馬喰町
(現在の東京都中央区日本橋馬喰町)
出生名 前田次郎
死没1941年2月8日 (満69歳没)
東京市
出身校日本英学館 卒業
職業小説家
代表作にごり水
燃ゆる渦巻
落花の舞
情熱の火
歓楽の贅
落花の舞
孔雀の光
日本岩窟王

前田 曙山(まえだ しょざん、1872年1月1日 - 1941年2月8日)は、日本の小説家である。本名の前田 次郎(-じろう)、前田 曙山人(-しょさんじん)の名でも著作を発表している。

人物・来歴[編集]

1872年1月1日明治4年11月21日)、廃藩置県がされたばかりの東亰府日本橋馬喰町(現在の東京都中央区日本橋馬喰町)に前田次郎として生まれる[1]東京市神田区(現在の東京都千代田区神田)にあった日本英学館(のちの明治会学館)を卒業する[1]

1891年(明治24年)、20歳のときに小説『江戸桜』を尾崎紅葉の雑誌『千紫万紅』に発表、「硯友社」の作家としてスタートしている[1]。1899年(明治32年)10月出版の『にごり水』(『にこり水』、春陽堂)、1924年(大正13年)出版の『燃ゆる渦巻』(朝日新聞社)、1925年(大正14年)出版の『落花の舞』(東京朝日新聞発行所)等で大衆作家としての地位を築いた[1]

前田の小説の映画化は60作以上にのぼり、大正の最末期の3年間には爆発的に競作が行われ、『燃ゆる渦巻』は1924年に2社が同時に競作し、『情熱の火』は同年3社が同時競作、『歓楽の贅』は同年2社同時競作、『落花の舞』は1925年に2社同時競作、『孔雀の光』にいたっては1926年(大正15年)についに4社同時競作となった[2]。リメイクも、1924年製作の『燃ゆる渦巻』が1938年(昭和13年)にリメイク、1930年(昭和5年)製作の『日本岩窟王』が1940年(昭和15年)にリメイク、1925年製作の『落花の舞』が1936年(昭和11年)と、前田没後の1952年(昭和27年)に2度リメイクされている[2]

1941年(昭和16年)2月8日、死去する[1]。満69歳没。墓所は東京都立多磨霊園にある。

ビブリオグラフィ[編集]

明治[編集]

  • 『小説百家選』、春陽堂、1894年 - 1895年 - 前田曙山人名義
    復刻 『小説百家選』、教育出版センター、1982年10月
  • 『東洋大都会』、石橋友吉共著、石橋友吉発行、1898年5月 - 前田次郎名義
  • 『にこり水』、春陽堂、1899年10月
  • 『腕くらべ』、春陽堂、1900年12月 - 前田次郎名義
  • 『桧舞台』、春陽堂、1901年5月
  • 『辻占売』、駸々堂、1902年4月
  • 『草木栽培書』、裳華房、1903年1月 - 前田次郎名義
  • 『茶碗酒』、春陽堂、1903年1月
  • 『矢口渡』、松川堂、1903年5月
  • 『園芸文庫』、春陽堂、1903年 - 1905年
  • 『やま』、志村寛共著、橋南堂、1907年7月 - 前田次郎名義
    再発 『やま』、志村烏嶺共著、岳書房、1980年11月
  • 『高山植物叢書』、橋南堂、1907年 - 1908年 - 前田次郎名義
  • 『紅露』、春陽堂、1908年 - 前田次郎名義
  • 『花魂』、春陽堂、1909年3月
  • 『曙山園芸』、聚精堂、1911年5月
  • 『花卉応用装飾法』、博文館、1911年4月 - 前田次郎名義

大正[編集]

  • 『四季の園芸』、誠文堂書店、1916年
  • 『趣味の野草』、実業之日本社、1918年
  • 『和洋草花趣味の栽培』、鈴木書店、1918年
  • 『糸の乱』、講談社、1922年8月
  • 『縺れがみ』、進文館、1924年
  • 『慕ひ行く影』、春秋社、1924年
  • 『燃ゆる渦巻』前後編、朝日新聞社、1924年
  • 『肉の生贄』、成海堂、1925年
  • 『落花の舞』前後篇、東京朝日新聞発行所、1925年
    全集 『幕末秘話落花の舞』/『大衆文学名作選』第8巻所収、平凡社、1935年
    再発 『落花の舞』、新文社、1948年
    全集 『落花の舞』/『大衆文学大系』5所収、講談社、1971年
  • 『覆面の義人』前後編、大衆閣、1925年
    再発 『覆面の義人』、荻原星文館、1934年
  • 『黒髪夜叉』前後篇、新作社、1926年 - 1927年
    再発 『黒髪夜叉』、荻原星文館、1934年
  • 『復讐』前後篇、講談社、1925年 - 1926年
  • 『情熱の火』『歓楽の贄』/『前田曙山傑作集』第1編、大衆閣、1926年
  • 『孔雀の光』前後編、大阪毎日新聞社、1926年

昭和[編集]

  • 『現代大衆文学全集』第5巻・前田曙山集、平凡社、1927年
  • 『大望』、大日本雄弁会、1927年
  • 『銀河の曲』、博文館、1927年
  • 『落陽の誇』、独立閣、1927年
  • 『現代大衆文学全集』第30巻・前田曙山集、平凡社、1930年
  • 『現代大衆文学全集』続 第12巻・前田曙山集、平凡社、1931年
  • 『雪子の御方』/『少年少女教育講談全集』第7卷所収、大日本雄辯會講談社、1931年5月
  • 『蝗うり』/『明治文学全集』22所収、筑摩書房、1969年
  • 『近代文学研究叢書』第47巻所収、昭和女子大学近代文学研究室・昭和女子大学近代文学研究所、1978年5月

フィルモグラフィ[編集]

すべて原作である。

1912年[編集]

  • 『想思曲』、福宝堂、1912年2月10日

1924年[編集]

1925年[編集]

  • 『慕ひ行く影』、脚本林義子、日活京都撮影所第一部
    前篇 監督波多野安正、1925年2月28日、後篇 監督高橋寿康、1925年3月7日
  • 『お高祖頭巾の女』、脚本・監督金森万象、東亜マキノ等持院撮影所、1925年4月3日
  • 落花の舞』、脚本・監督池田富保、日活京都撮影所第一部
    前篇 1925年5月31日、中篇 1925年6月11日、終篇 1925年6月19日
  • 『落花の舞』、脚本井上金太郎、監督沼田紅緑、東亜マキノ等持院撮影所
    前篇 1925年6月12日、後篇 1925年6月19日
  • 『糸の乱れ』、脚本・監督沼田紅緑、マキノ・プロダクション御室撮影所
    前篇 1925年10月15日、後篇 1925年10月23日
  • 『剣かたばみ』、脚本・監督沼田紅緑、マキノ・プロダクション御室撮影所、1925年11月27日

1926年[編集]

  • 孔雀の光』、脚本沢田晩紅、監督後藤秋声、帝国キネマ小阪撮影所
    第一篇 1926年2月14日、第二篇 1926年3月14日、第三篇 脚本近松門吉 1926年3月27日、最終篇、1926年8月19日
  • 『孔雀の光』、脚本・監督沼田紅緑、マキノ・プロダクション御室撮影所
    前篇 1926年2月26日、第二篇 1926年3月19日、第三篇 1926年4月30日
  • 『孔雀の光』、脚本林義子、監督村田実日活大将軍撮影所
    第一篇 1926年3月5日、第二篇 1926年3月19日
  • 『孔雀の光』、脚本吉田武三、監督吉野二郎松竹蒲田撮影所
    第一・二篇 応援監督清水宏、1926年3月6日、第三・四・五篇 1926年4月30日、第六篇 1926年5月14日
  • 『黒髪夜叉』、脚本・監督大久保忠素、松竹蒲田撮影所
    第一・二篇 1926年10月29日、第三・四篇 1926年12月11日
  • 『大望』、脚本松岡映二路、監督高浜順片岡松燕プロダクション、1926年12月10日

1927年[編集]

1930年[編集]

  • 『変幻女六部』、脚本中川信夫、監督吉野二郎、マキノ・プロダクション御室撮影所、1930年3月7日
  • 『日本巌窟王』、脚本・監督中島宝三、マキノ・プロダクション御室撮影所
    前篇 1930年3月14日、後篇 1930年4月4日
  • 『怪盗夜叉王』、脚本宇留木浩、監督田中都留彦、日活太秦撮影所
    第一篇 1930年10月3日、第二篇 1930年11月14日、第三篇 1930年11月21日

1932年以降[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e コトバンクサイト内の記事「前田曙山」の記述を参照。
  2. ^ a b #外部リンク欄の日本映画データベース「前田曙山」リンク先の記述を参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]