前田憲寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 憲寿(まえだ かずひさ)は、日本医学者東京工科大学教授。医学博士

経歴[編集]

九州大学大学院薬学研究科修了後、東北大学大学院医学研究科にて医学博士取得[1]資生堂勤務を経て、2007年東京工科大学バイオニクス学部教授に就任。2008年より、同大応用生物学部教授。専門分野は、香粧品科学、生化学皮膚科学分子細胞生物学薬理学など。

略歴[編集]

  • 九州大学薬学部卒業
  • 九州大学大学院薬学研究科修了
  • 東北大学大学院医学研究科医学博士取得(皮膚科学)
  • 株式会社資生堂ライフサイエンス研究センター皮膚科学研究所主任研究員
  • 2007年 東京工科大学バイオニクス学部教授
  • 2008年 東京工科大学応用生物学部教授

業績[編集]

  • 『ストロベリートマト(食用ホオズキ)の美白効果発見[2]』 - 化学工業日報(2009年4月8日)
  • 『トタロールのメラニン生成抑制効果発見[3]』 - 日本農芸化学会2009年度大会ポスター発表(2009年03月28日)[4]
  • パラベンメラニン生成抑制効果発見[5]』 - 日本薬学会第130年会 30P-pm141 パラベンの美白効果(2010年3月28日~30日)
  • 卵黄ヒアルロン酸、フィラグリン生成促進物質発見』 - 化学工業日報(2010年3月30日)

脚注[編集]

外部リンク[編集]