前田匡史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

前田 匡史(まえだ ただし、1957年12月25日 - )は国際協力銀行代表取締役総裁。

1980年東京大学法学部卒業。東京大学助手を経て1982年 日本輸出入銀行入行。総務部、営業第一部、大蔵省国際金融局投資第二課、総務部調査役、ワシントン事務所、資源金融部長、経営企画部長、執行役員などを経て2013年12月より代表取締役専務、2016年6月より代表取締役副総裁[1]。2018年代表取締役総裁[2][3]

2010年6月より内閣官房参与に任命され、新経済成長戦略、インフラシステム輸出戦略に関して助言を行っていた[4]

専門は資源エネルギー安全保障。米ジョンズ・ホプキンス大学研究員、原子力損害賠償支援機構運営委員なども務める[5]

輸出入銀行時代に経済協力開発機構貿易金融部会首席代表を務めて以来、日本政府を代表して国際会議に多数出席している。

米国政府の国家情報委員会(NIC)が主催する北東アジア安全保障多国間協力ワーキンググループに携わるなど、日本のみならず米国でも国際問題アドバイザーとして活動している。

著書[編集]

共著

脚注[編集]

  1. ^ 役員の氏名及び経歴(PDF)
  2. ^ 役員の氏名及び経歴〔PDF〕
  3. ^ JBIC総裁に前田氏 初の生え抜き日本経済新聞 電子版
  4. ^ 「成長戦略」の切り札 「インフラ輸出」で攻める(FACTA online (ファクタ出版株式会社) 2013年10月号)
  5. ^ マレーシアとの戦略的協力 国際協力銀行・執行役員 前田匡史 【プロフィル】前田匡史(産経ニュース 2013年9月2日)
  6. ^ 人名事典 前田匡史(まえだ・ただし)(PHP研究所)

外部リンク[編集]

先代:
近藤章
国際協力銀行総裁
2018年 -
次代:
(現職)