制裁戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

制裁戦争(せいさいせんそう)とは、国際社会の平和・安定を脅かすとされる国家テロ組織などに対し、武力をもって制裁を加えることを目的とする戦争である。

国際連合安全保障理事会(安保理)の武力行使容認決議に基づく制裁戦争には以下のような例がある。

2001年アフガニスタン戦争2003年イラク戦争では、安保理の議決なしにアメリカ合衆国ジョージ・W・ブッシュ政権が単独で先制的自衛権を行使する「制裁戦争」(予防戦争)に踏み切った。国際社会の承認のないこれらの戦争は、本来の意味での制裁戦争といえるのかという大きな問題となっている。

関連項目[編集]