別府冷麺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
別府冷麺

別府冷麺(べっぷれいめん)は、大分県別府市で供される冷麺である。

概要[編集]

麺は小麦粉そば粉でんぷんを基本とし、スープは魚介をベースとした和風にアレンジされているのが特徴である。

1950年(昭和25年)頃、朝鮮系住民も多かった満州中国東北部)から引き揚げた料理人が開いた店が発祥とされ、現在、別府冷麺を出す店は別府市内で60〜70店とされる。これらの店は冷麺専門店系と焼肉屋系の2系列に大別される。冷麺専門店系の別府冷麺は、もちもちした太めの麺で、キャベツキムチが添えられる。これに対して、焼肉屋系の別府冷麺は、つるつるした中細麺で、白菜キムチが添えられる。また、冷麺専門店や焼肉屋だけでなく、通常のラーメン屋や居酒屋などの幅広い店でも、別府冷麺がメニューに加えられている。

別府市では2009年度から「別府冷麺プロジェクト」を開始し、マップを作成したり、ウェブサイトを開設したりして、名物としての売り出しを図っている[1]

ローソンでは、2010年7月に九州地区の923店舗で別府冷麺を発売し[2]、販売目標5万食のところ、約7万5千食を売り上げている[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]