分部光勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
分部光勝
時代 安土桃山時代
生誕 元亀2年(1571年
死没 慶長4年3月29日1599年4月24日
別名 通称:忠兵衛、中務
墓所 三重県津市河芸町上野の圓光寺
主君 織田信包豊臣秀吉
氏族 分部氏
父母 父:分部光嘉、母:分部光高養女(分部光恒娘)・万
兄弟 光勝長野正勝室、渡辺久勝
養兄弟:光信

分部 光勝(わけべ みつかつ)は、安土桃山時代武将伊勢国上野藩初代藩主・分部光嘉の長男。

伊勢国に侵攻してきた織田信長に降伏した父・光嘉に従い、信長の弟・織田信包に仕える。信長没後には豊臣秀吉に仕えて、その馬廻となった。家督相続前の慶長4年(1599年)、29歳で早世。代わって、甥にあたる光信が嫡子となった。

圓光寺にある分部一族の墓所。左から光嘉、光勝(光嘉男)、万(光嘉室)、光高(光嘉養父)の墓。