出口恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

出口 恒(でぐち ひさし、1957年 - 2019年 )は、一般社団法人「出口王仁三郎大学」学長。日本の作家、言霊学講師。NPO法人日本未来研究センター大阪オフィス代表。

大本教祖の出口王仁三郎の曾孫。父の出口和明は作家、母の禮子は女優。兄に予備校・現代文講師として有名な実業家の出口汪が、はとこに心理学者でメキキの会会長の出口光がいる。

経歴[編集]

(以上、出典『誰も知らなかった日本史』2016年、ヒカルランド、p344)

  • 2015年から中村孝道と出口王仁三郎の言霊学の系譜血統を継ぐ一人として言霊学の解明・普及に取り組んでいる。

  (その系統については、本人の著書「誰も知らない日本史」の p.49~50にある。中村孝道については、p.63にある。)

主な著作[編集]

  • 『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史』2016年、ヒカルランド
  • 『「切紙神示」「たまほこのひ可里」「八紘一宇の数表」天皇家秘伝の神術で見えた日本の未来』2017年、ヒカルランド
  • 「神々のルーツ・亀岡・元々めぐり」2009年に月刊『神の国』誌に連載
  • 「二柱の天照大神と饒速日尊」2010年に月刊『神の国』誌に連載
  • 「月の出を待つ平安京最後の天皇、孝明天皇の遺勅と救世主 出口王仁三郎聖師」2011年に月刊『神の国』誌に連載
  • 「三人の皇女和宮」2011年に月刊『神の国』誌に連載
  • 「十和田湖の神秘と男装坊の再生」2012年に月刊『神の国』誌に連載

外部リンク[編集]