冷泉為理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
冷泉為理
Reizei Tametada.jpg
冷泉為理
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政7年7月1日1824年7月26日
死没 明治18年(1885年4月25日
官位 正二位権中納言
主君 孝明天皇明治天皇
氏族 上冷泉家
父母 父:冷泉為全
正室:柳原隆光娘・良子
為紀入江為守(三男)
テンプレートを表示

冷泉 為理(れいぜい ためただ)は、江戸時代後期から明治時代にかけての公卿歌人上冷泉家20代当主。

略歴[編集]

文政7年(1824年)、冷泉為全の子として誕生。

官位は正二位権中納言。幕末の動乱にあって俊成定家自筆本を始めとする家宝を守り、明治維新後は京都に残る事を選んだ。

明治18年(1885年)、薨去。家督は子・為紀が継いだ。

関連項目[編集]