円通寺 (京都市上京区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

円通寺(えんつうじ、圓通寺)は京都市上京区上之町にある浄土宗の仏教寺院。山号は歓喜山[1]本尊阿弥陀如来

1756年に浄土宗の関通上人によって開山した。当初は轉輪寺と称していた。

1788年天明の大火により焼失し、その後、再建された。境内には「為焼亡横死」(しょうぼうおうしのため)と刻まれた大火の犠牲者を供養する石碑が現存している。

京都市の景観重要建造物に指定されている[2]

出典[編集]

  1. ^ 圓通寺”. 浄土宗寺院検索. 2018年8月2日閲覧。
  2. ^ 景観重要建造物 指定一覧(平成30年6月29日現在) (PDF)”. 京都市. 2018年8月2日閲覧。