内藤信全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内藤 信全(ないとう のぶのり、生年未詳 - 寛文13年6月21日1673年8月3日))は、陸奥国内藤家棚倉藩の初代藩主・内藤信照の三男。棚倉藩より分家となった旗本寄合)家初代。三左衛門。父は内藤信照。子に信有

幼名・五郎。明暦3年(1657年)9月3日徳川家綱に披露される。寛文11年(1671年)9月23日、兄・内藤信良から常陸国多賀郡のうち、新田5,000石を分与された。

寛文13年6月21日、江戸において死す。法名:清閑。葬地は三田浄閑寺とされている(「寛政譜」)。

出典[編集]

  • 『新訂寛政重修諸家譜』13巻 続群書類従完成会、1984年 同書201、204項

関連項目[編集]