兵庫県道66号大谷鮎原神代線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
兵庫県道66号標識
兵庫県道88号志筑郡家線との交点
淡路市中田で撮影
4車線化されている区間
淡路市中田で撮影
南あわじ市神代国衙

兵庫県道66号大谷鮎原神代線(ひょうごけんどう66ごう おおたにあいはらじんだいせん)は淡路市から南あわじ市を結ぶ主要地方道である。

概要[編集]

淡路島中部を縦断する県道で、淡路市大谷から南あわじ市榎列掃守までの間は2車線(淡路市中田の一部は4車線、洲本市五色町広石下の一部は道幅が狭い区間あり)。南あわじ市榎列掃守から同市神代国衙までの間は市街地に入り道幅が狭く大型車は通行困難である。

路線データ[編集]

  • 起点:淡路市大谷
  • 終点:南あわじ市神代国衙
  • 総延長:約29.496km

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続道路[編集]

沿線施設[編集]

関連項目[編集]