六甲比命神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
六甲比命大善神社
多聞寺奥の院、六甲比命神社
所在地 兵庫県神戸市灘区六甲山町
位置 北緯34度45分58.72秒
東経135度14分21.91秒
座標: 北緯34度45分58.72秒 東経135度14分21.91秒
主祭神 六甲比命大善神
神体 磐座
地図
六甲比命大善神社の位置(兵庫県内)
六甲比命大善神社
六甲比命大善神社
テンプレートを表示

六甲比命大善神社(ろっこうひめだいぜんじんじゃ)は、兵庫県神戸市灘区六甲山町にある、荘厳な磐座をご神体とする神社である。

祭神[編集]

祭神名は六甲の山名の変遷とともに変わってきたようである。六甲山は江戸時代以前には武庫という漢字があてられ、むこうやま、むこやまと呼ばれ、さらに古くは、賀茂真淵の『冠辞考』 あまざかるの項に記されているように、向かつ峰の名が伝わるので、祭神名は当初はむかつひめと呼ばれ、近世まではむこうひめとよばれていたと思われる。六甲山全山は、かつて西宮市廣田神社の社領であり[1]廣田神社祭神、撞賢木厳魂天疎向津姫(つきさかきいつのみたまあまさかるむかつひめ またの名瀬織津姫)と六甲山の旧名の向かつ峰の名称が一致する。

歴史[編集]

六甲山頂尾根付近に位置し、近くには六甲山カンツリーハウス敷地内に天穂日命の磐座もある。仰臥岩、雲が岩、心経岩の中間地点に位置する壮大な磐座が御神体で、7世紀にインドから渡来した法道仙人が創建した神戸市北区唐櫃の吉祥院多門寺の奥の院となっている[2]役行者の縁者、四鬼家が奈良の天川村洞川より唐櫃に移住して、西六甲の山を管理していた。現在は六甲比命講によって管理され、秋には護摩供養が催されている。

出典・注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『西宮神社』(学生社刊)p53
  2. ^ 『神戸の伝説』田辺眞人著神戸新聞総合出版センター

関連項目[編集]

写真集[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]