光石富士朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みついし ふじろう
光石 富士朗
生年月日 1963年
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督脚本家演出家
ジャンル 映画
テンプレートを表示

光石 富士朗(みついし ふじろう、1963年 - )は、日本の映画監督脚本家演出家東京都出身。

経歴[編集]

日本大学第三高等学校日本大学文理学部社会学科卒業。大学を卒業後、廣木隆一神代辰巳らの助監督を務め、プロの現場で活動を始める。2002年の映画『おぎゃあ。』では、予期せぬ妊娠をした少女が母親になるまでの過程を爽やかに描き出し「遊び心があり、革新的でエネルギーに満ち、現実とファンタジーの融合に成功した稀有な作品」と絶賛され、ハワイ国際映画祭でネットパック特別賞(最優秀アジア映画賞)を受賞。その他の主な監督作品に『富江 replay』、『M-1グランプリへの道 まっすぐいこおぜ!』などがある。2008年に東京国際映画祭日本映画ある視点部門で発表された『大阪ハムレット』では、同作品に出演した岸部一徳が特別賞を受賞した。

脚本家としても活動しており、オリジナルシナリオ『さなぎ寝たまま』がサンダンス・NHK映像作家賞でセミファイナリストしてノミネートされている。

なお、片山右京(元F1ドライバー、現登山家)、立川志らく(落語家)、福王昭仁(読売ジャイアンツ2軍内野守備走塁コーチ)は日大三高の同期生。

作品[編集]

映画[編集]

ドキュメンタリー[編集]

DVD[編集]

出演[編集]

外部リンク[編集]