光州学生事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
光州学生事件
各種表記
ハングル 광주학생독립운동
漢字 光州學生獨立運動
発音 クァンジュ・ハクセン・ドンニプ・ウンドン
日本語読み: こうしゅうがくせいどくりつうんどう
ローマ字 Gwangju‐Hakseng-Dongnip-Undong
テンプレートを表示

光州学生事件(こうしゅうがくせいじけん、광주학생운동)、あるいは光州学生独立光州学生運動は、1929年日本統治時代の朝鮮光州で起こった喧嘩の対応を巡って朝鮮人学生による抗議を巻き起こした。

1929年10月30日全羅南道羅州行きの列車で日本人中学生生徒の福田修三らが朝鮮人女子生徒の朴己玉らをからかった[1][2]として、朴己玉の従兄弟の朴準が福田を殴り、日本人生徒と朝鮮人生徒の間に決闘が始まった。この際、警察が朴準と朝鮮人生徒だけを逮捕したので、生徒の不満が高まった。これが原因となり、11月3日、朝鮮人生徒らは日本の警察や日本学生寄りの報道をした光州日報に抗議をし、また朝鮮人学生と日本人学生の衝突が発生し、警察が朝鮮人学生を検挙した。このことが朝鮮人生徒側の主張を信じた光州高等普通学校の高校生を激高させ、検挙者の釈放を求めるとともに日本による統治政策を批判して示威運動を展開した。その中の250人の朝鮮人が逮捕され、朝鮮人生徒らは同盟休学を結成し、日本に抗議した。この学生運動に際して、民族主義者と社会主義者の連帯によって結成されていた新幹会が、現地に調査団を派遣して事件の実態を公表する大会を準備したが、方針の対立を巡って解散したことによって失敗に終わった。この運動は朝鮮各地で1930年まで続いたとされ、合計4万人以上の学生を動員したとされる[3]1953年大韓民国はこの日を記念するため、11月3日を「学生の日」とした。

  1. ^ その場に居合わせた朝鮮人女学生・李光春の証言では、福田がよろめいて朴己玉とは異なる女学生にぶつかっただけという。また、朴己玉はそもそもその場におらず、李がこの事を朴準採に問い詰めると無言であったという。
  2. ^ 佐堀伸三 「若き抗日の群像」文芸社p.117-p.119
  3. ^ 佐堀伸三 「若き抗日の群像」文芸社 p123

スローガン[編集]

当時のスローガンは「生徒・大衆よ、起きよう!我々のスローガン下へ。」から始まる。

  • 検挙された生徒らは我々の手で奪還しよう。
  • 警察の校内進入は絶対反対。
  • 言論・出版・集会・結社・示威の自由を獲得しよう。
  • 植民地的奴隷教育制度を撤廃せよ。
  • 社会科学研究の自由を獲得しよう。
  • 全国学生代表者会議を開催せよ。

参考文献[編集]

  • 武田幸男編 『新版世界各国史2 朝鮮史』 山川出版社、2000年
  • 佐堀伸三 「若き抗日の群像」文芸社