元城 (陸奥国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
元城
青森県
別名 深浦館
城郭構造 山城
築城主 安東氏
築城年 不明
主な城主 安東氏、葛西頼清、千葉弾正
廃城年 戦国時代
指定文化財 町指定史跡
位置 北緯40度38分06.2秒
東経139度55分33.8秒
地図
元城の位置(青森県内)
元城
元城

元城(もとじろ)は、青森県西津軽郡深浦町に存在した日本の城山城)。深浦町指定史跡[1]

概要[編集]

深浦港の南方500メートルの沢に挟まれた丘陵端に位置する。南方に5本の空堀があり、他の三方は沢に続く急斜面となっている。曲輪は2つあり、北側の一段高い位置に東西33メートル、南北88メートルの主郭がある。二の郭は東西80メートル、南北100メートルほどの規模だった。

南部氏によって所領を失った安東氏が当地に来て再起を図り、当城を築いた。その後、葛西頼清が本拠とした。最後の城主は千葉弾正で、戦国時代まで使用されていたものと推測される。

脚注[編集]

  1. ^ 「指定文化財一覧」深浦町公式HP

参考文献[編集]

関連項目[編集]