僕のショパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
僕のショパン
漫画
作者 桃雪琴梨
出版社 エモーションバンダイビジュアル
角川グループパブリッシング
掲載誌 Webコミックゲッキン
発表号 2009年12月 - 2012年2月
巻数 全2巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

僕のショパン』(ぼくのショパン)は、桃雪琴梨による日本漫画。史実を元にショパンとリストの友情が描かれている。後世で忘れられつつあるショパンの存命当時のキャラクターを再発見し、ショパンとリストの関係に焦点を当てた漫画として日本初の作品となる。2009年12月から2010年9月まではYOMBAN、2010年10月から2011年6月までは週2コミック! ゲッキン、2011年7月から連載終了の2012年12月まではWebコミックゲッキンで連載された[1]。全2巻。

あらすじ[編集]

参考文献として挙げられているリストの著作「ショパンの芸術と生涯」に沿い、リストがショパンの秘密を解いていく形で物語が展開されていく。

登場人物[編集]

フレデリック・ショパン
ツンデレ乙女男子なピアニスト兼作曲家。意志の強さと天使のような可愛いさを合わせ持つ。
フランツ・リスト
俺様なヨーロッパNo.1のピアニスト。ショパンの死後いち早くショパンの伝記を書く。
ロベルト・シューマン
元祖オタクな作曲家兼音楽評論家。架空の脳内同盟『ダヴィッド同盟』を結成。
フェリックス・メンデルスゾーン
インテリお坊ちゃまなピアニスト兼指揮者。裕福な家柄に生まれ音楽大学を設立。
エクトル・ベルリオーズ
リヒャルト・ワーグナー
ジギスモント・タールベルク
フェルディナント・ヒラー
ジョルジュ・サンド
マリー・ダグー
クララ・シューマン
ファニー・メンデルスゾーン
マリー・モーク
ハンス・フォン・ビューロー
コジマ・ワーグナー
ジャコモ・マイアベーア
フリードリヒ・カルクブレンナー
アストルフ・ド・キュスティーヌ
ウジェーヌ・ドラクロワ
ジェーン・スターリング
ユリアン・フォンタナ
ティトゥス・ヴォイチェホフスキ
ヤン・マトゥシンスキ
カール・フィルチ
アドルフ・グートマン
ヴィルヘルム・フォン・レンツ

単行本[編集]

エーモーションコミックス(角川グループパブリッシング)

  1. 2011年1月 ISBN 978-4-04-899207-7
  2. 2012年3月 ISBN 978-4-04-899244-2

B's-LOG COLLECTION(エンターブレイン)

名曲集&ドラマCDシリーズ[編集]

タイトル 販売日 レーベル
僕のショパン 名曲集&ドラマCDシリーズ ♯1ショパン 2010年5月26日 バップ
僕のショパン 名曲集&ドラマCDシリーズ ♯2リスト 2010年8月25日 バップ
僕のショパン 名曲集&ドラマCDシリーズ ♯3シューマン 2010年10月27日 バップ
僕のショパン 名曲集&ドラマCDシリーズ ♯4メンデルスゾーン 2010年12月22日 バップ
僕のショパン ♯5ティトゥス 4巻予約時の全話購買特典 バップ
ピアノ演奏:安達朋博(♯1-♯4)

キャスト

コラボ企画[編集]

漫画「僕のショパン」が月刊のクラシック音楽雑誌「CHOPIN (ショパン)」2011年2月号の表紙を飾り、著者にインタビューが組まれた。

影響[編集]

「僕のショパン」が発表されて以降、歴史上の作曲家たちをキャラクター化したスマホゲーム、コミカライズ作品、アニメなどが次々と作られている。 歴史創作ジャンルにおいて「僕のショパン」は、音楽家たちをキャラクター化した先駆け的作品となった。

脚注[編集]

  1. ^ コミックス1巻、2巻奥付より

参考資料[編集]

  • 桃雪琴梨(漫画家)×安達朋博(ピアニスト)「Pianist One day & Special Interview No.184」CHOPIN magazine325号、2011年

外部リンク[編集]