安達朋博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安達 朋博(あだち ともひろ、1983年9月13日 - )は日本ピアニスト京都府出身。

京都府立網野高等学校を卒業後、単身クロアチアへ渡り、イーノ・ミルコヴィッチ高等音楽院(モスクワ音楽院提携校)を経て、クロアチア国立ザグレブ大学・音楽アカデミーを卒業。日本では、クロアチアからの逆輸入ピアニスト、またはクロアチア音楽の伝道師と呼ばれ、クロアチア作品の普及に尽力。

略歴[編集]

  • 1983年9月13日、京都府出身。(生まれは大阪)
  • 8歳よりピアノを始める。
  • 16歳より本格的に音楽の基礎を学ぶ。
  • 京都府立網野高等学校2年生在学中に、第3回堺国際ピアノコンクール高校の部で第3位入賞。
  • 高校卒業後2002年5月、単身クロアチアへ渡る。
  • 2003年10月、イーノ・ミルコヴィッチ音楽院(モスクワ音楽院提携校)に実技最高点にて入学。
  • 2003年以降、C.TOGNI国際音楽コンクールピアノ部門第3位、SEILER国際音楽コンクールピアノ部門第1位、J.BRAHMS国際音楽コンクールピアノ部門第2位など、他欧州各地のコンクールでの入賞、受賞。
  • 2005年1月、クロアチア国立ザグレブ音楽大学に編入学。
  • 同年、ドイツとクロアチアでリサイタルを開催。
  • 2007年、クロアチア国立ザグレブ音楽大学を最優秀の成績で卒業。
  • 2007年8月11日、大阪いずみホールにて日本での本格的なデビューリサイタルを開催。
  • 同年11月、東京文化会館にてザグレブ弦楽四重奏団との共演。横浜みなとみらいホールにて、関東での本格的なデビューリサイタルを開催。
  • 2007年11月2日、(有)プラネット・ワイより、大阪いずみホールでのデビューリサイタルを録音したCDが発売される。
  • 2008年6月、たけしの誰でもピカソ『世界が絶賛!!痛快!日本男児〜驚異の若きアーティストたち』に出演。
  • その他、ラジオ出演、雑誌記事執筆なども手がける。
  • また、クロアチア音楽作品の日本への紹介の功績も大きい。
  • 2009年3月、NHKのFM「名曲リサイタル」に出演。
  • ヤマハのブロードバンド講座にも登場。

人物と活動[編集]

普通高校卒業後、単身クロアチアへ渡って以来、クロアチア人作曲家の曲の日本での普及を目指し、毎回リサイタルではクロアチア人作曲家の曲を演奏している。中でも女流作曲家ドーラ・ペヤチェヴィチの曲を好んで演奏している。CDのタイトルにもなっている、『DANCE OF THE BARONESS』は同じくクロアチア出身のF・パラッチ作曲。リサイタルには、有名な詩人でもある駐日ドラゴ・シュタンブク クロアチア共和国大使も度々来聴し、大変な賛辞を寄せている。

外部リンク[編集]