働きアリの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

働きアリの法則(はたらきアリのほうそく)とは、働きアリに関する法則である。パレートの法則(80:20の法則)の亜種で2-6-2の法則ともいう[注釈 1]

概要[編集]

  • 働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくる。
  • 働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリはサボっている。
  • よく働いているアリと、普通に働いている(時々サボっている)アリと、ずっとサボっているアリの割合は、2:6:2になる。
  • よく働いているアリ2割を間引くと、残りの8割の中の2割がよく働くアリになり、全体としてはまた2:6:2の分担になる。
  • よく働いているアリだけを集めても、一部がサボりはじめ、やはり2:6:2に分かれる。
  • サボっているアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

解説[編集]

北海道大学長谷川英祐進化生物学の見地から詳しく研究し、一般向けの解説書を出している。それによると、働くアリと働かないアリの差は「腰の重さ」、専門的に言うと「反応閾値」によるという。アリの前に仕事が現れた時、まず最も閾値の低い(腰の軽い)アリが働き始め、次の仕事が現れた時には次に閾値の低いアリが働く、と言う形で、仕事の分担がなされている。仕事が増えたり、最初から働いていたアリが疲れて休むなどして仕事が回ってくると、それまで仕事をしていなかった反応閾値の高い(腰の重い)アリが代わりに働きだす。

「疲労」というものが存在する以上、一見サボっているように見えるアリの存在が、コロニーの存続に大きな役割を果たしている。仮に全てアリが同じ反応閾値だと、すべてのアリが同時に働き始め、短期的には仕事の能率が上がるが、結果として全てのアリが同時に疲れて休むため、長期的には仕事が滞ってコロニーが存続できなくなることがコンピュータシミュレーションの結果から確認されている。閾値によっては一生ほとんど働かない結果となるアリもいるが、そのようなアリがいる一見非効率なシステムがコロニーの存続には必要だという。

ここで言う「アリ」は「人間」に、「アリのコロニー」は会社や組織など「人間のコミュニティ」にたとえられる。ここで言うサボっているのを言いかえれば、予備部隊(交代部隊)や独立要因に当てはまる。ながらく経験則に過ぎなかったが、近年は研究が進んでおり、例えば「働いているアリだけを集めると一部がサボりはじめる」という法則は北海道大学の長谷川英祐らが証明し、2012年に『Journal of Ethology』(日本動物行動学会)に論文として発表された[3][4]。昆虫の社会を研究することで、生物のシステムにおける共同の起源に迫ることが期待されている。

フリーライダー(チーター)問題[編集]

一方、閾値に関係なく本当に一生ずっと働かないアリもいる。これを「公共財へのただ乗り」と言う意味でフリーライダー、またはコミュニティをだまして寄生するのでチーターと言う。

辻和希(琉球大学)による紀北町のアリ社会の研究によると、三重県紀北町にいるアミメアリ(女王アリがおらず働きアリが産卵も行なう)のコロニーには、たまに女王アリのような大きな個体がいることが知られていた。「アミメアリにも条件によっては女王が現れるのだろう」などと考えていたが、DNA分析の結果から、これがアミメアリの通常個体から生まれた女王アリではなく、通常個体とは別のDNAを持った、働かずに産卵だけ行うことが遺伝的に決まっている、言うなれば「フリーライダー」「チーター」であることが2009年に判明した。(ちなみに辻は、チーターのことを「(アミメアリの)社会の癌」「(アミメアリの)コロニーという『超個体』に巣食う『感染する社会の癌』」などと呼んでいる)。

アミメアリのフリーライダーは働かずに産卵だけ行い、フリーライダーの子アリもフリーライダーなので、フリーライダーがいるコロニーはフリーライダーが増えて滅びるが、滅びたコロニーの跡地に新たに健全なコロニーが形成される。フリーライダーは別のコロニーに分散するので、アリの社会全体ではフリーライダーの数が一定に保たれている。フリーライダーの感染力が弱すぎるとフリーライダーは1つのコロニーと一緒に滅びて存在しなくなり、逆にフリーライダーの感染力が強すぎるとアリ世界のすべてのコロニーにフリーライダーが進出してアリが絶滅してしまうが、健全なコミュニティが広がるスピードと、チーターが広がるスピードのつり合いがとれているので、働くアリもフリーライダーアリも絶滅せずに存続している。つまり、通常個体とチーターが「共存」することが可能となっている。

長谷川英祐によると、すべてのコロニーにフリーライダーが感染してしまわない理由は、アリの社会が複雑であること、専門的に言うと「構造化されている」[5]ことが理由だという。

なお、微生物以外の高等生物ではヒトだけに存在すると思われていた「公共財ジレンマ」(フリーライダー問題)がアリ社会にも存在したことは、辻和希と土畑重人(ローザンヌ大学)らによる研究チームが解明し、2013年に論文として発表したものである。論文によると、フリーライダーを養うために働きアリが産卵を止めて外に出て働き、結果として生存率が低下し、言うなれば「過労死」していたという[6]。フリーライダー(チーター)が進化生物学的にどういう意味があるのか、なぜフリーライダーアリがいるにもかかわらずアミメアリの共同が維持されているのかは現在も研究中[7]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、パレートの法則そのものには当初から問題があり、パレート自身も認めていた[1]。現在では、所得分布についてのパレートの法則は局所的にのみ有効であるとされている[2]

出典[編集]

  1. ^ 木村 2006, p. 119.
  2. ^ ピケティ 2014, pp. 382-383.
  3. ^ The mechanism underlying the regulation of work-related behaviors in the monomorphic ant, Myrmica kotokui』、Yasunori Ishii、Eisuke Hasgeawa、2012年、北海道大学
  4. ^ 働くアリだけのグループにしても働かない個体が現れることを証明 - 北海道大学によるプレスリリース、2012年
  5. ^ 『面白くて眠れなくなる進化論』、長谷川英祐、PHP研究所、2015年、p.166
  6. ^ Public goods dilemma in asexual ant societies - 米国科学アカデミー、2012年
  7. ^ 琉球大学 農学部 亜熱帯動物学講座 - 琉球大学の辻和希教授のページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 社会的手抜き(リンゲルマン効果) - 1人だと100%の力を出すはずの人間でも、集団になると他のメンバーにただ乗りして手を抜いてしまう効果。
  • 傍観者効果 - 1人だと行動を起こすはずの人間でも、集団になると行動を起こさずに傍観者になる効果。
  • 公共財ジレンマ - 「囚人のジレンマ」の一種で、個人の利益(公共財へのただ乗り)と、社会全体の利益(公共財の維持)が対立する現象。個人の利益を優先してただ乗りする人(フリーライダー)が増えることで、公共財が維持できなくなって社会が崩壊する「フリーライダー問題」を引き起こす。