俳諧寺抄録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

俳諧寺抄録』(はいかいじしょうろく)は、俳人小林一茶晩年の筆録。俳諧寺は一茶の別号。文政6年(1823年)で始まり文政9年(1826年)4月で終わる。一茶の句はほとんど含まれないが、『八雲御抄』、『万葉集』、『古事記』、『古事記伝』などの国学書、古典注釈書の引用など、一茶の旺盛な研究心、知識欲の証といえる資料。原本は、一茶の門人の久保田春耕の子孫に伝えられ、一茶ゆかりの里 一茶館で保管、公開されている。小型の帳面に細かな文字で、ぎっしりと書き込まれている。

参考文献[編集]

  • 『一茶辞典』(おうふう、1995年、松尾靖秋金子兜太矢羽勝幸
  • 『一茶ゆかりの里 図録』(高山村、1996年)
  • 『父の終焉日記・浅黄空・俳諧寺抄録』(勉誠出版、1979年、小林一茶著、前田利治編・解説)

外部リンク[編集]