保科昌彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保科 昌彦(ほしな まさひこ、1963年 - )は、日本小説家ホラー小説作家である。

香川県出身。2007年の時点では会社員を続けている[1]。『相続人』で第10回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞し、デビュー[2]

著作[編集]

若槻調査事務所の事件ファイルシリーズ[編集]

  • ウィズ・ユー(2009年12月 東京創元社
  • 名探偵になりたくて(2012年4月 東京創元社)

ノンシリーズ[編集]

  • 相続人(2003年11月 角川ホラー文庫
  • オリフィス(2004年11月 角川ホラー文庫)
  • ゲスト(2005年11月 角川ホラー文庫)
  • 生還者(2007年4月 新潮社
  • グラウンド・ゼロ(2008年8月 角川書店
  • 贖罪の1オンス(2011年3月 祥伝社

出典[編集]

  1. ^ 著者一覧 保科昌彦”. 新潮社. 2012年1月29日閲覧。
  2. ^ 日本ホラー小説大賞 受賞作品リスト”. webKADOKAWA. 2013年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]