保存則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保存則(ほぞんそく、: conservation law)とは、物理的変化あるいは化学的変化の前後で物理量(あるいは物理量の結合)のが変わらない、という法則[1]。言い方を変えると、物理現象時間的あるいは段階的な変化の際に、考えている内で、ある物理量総和が変化しないことをいう[要出典]。保存則が成り立つ系のことを保存系と呼ぶ。

最も基本的な保存則としては、運動量保存則角運動量保存則エネルギー保存則質量保存則電荷保存則などがある[1]

ネーターの定理により、系が持つある一つの保存則は系の持つ一つの対称性に対応することが示されている。それは幾何学、特にトポロジーの分野において保存量が重要視されることと無関係ではない。なぜなら物理学はその背後に必ず幾何学を秘めているからである。[要出典][2]

なお、保存則の破れ(例外)が発見されることで、新しい物理理論が構築されるきっかけとなることがある。

近似的に成立する保存則[編集]


色々な保存則と対称性[編集]

[編集]

  1. ^ a b 出典:『ブリタニカ国際大百科事典』「保存則」
  2. ^ ディラックの信念のどれか(wikiquoteを参照 https://en.wikiquote.org/wiki/Paul_Dirac )を意訳したものか?

関連項目[編集]